丸五市場について(花田)

山神君へ、花田です。
丸五市場ではいろいろなまちづくり活動がおこなわれているようですね。
いくつかの大学も関わっている。歴史も80年くらいあるようだ。



で、もしここをフィールドにするのなら、(お叱りを覚悟で書くなら)この動画のような「今の」まちづくり活動が取りこぼしているかもしれない町の本質のようなもの、つまり人々の共同の記憶のあぶり出し(言語化と図化)とその媒体となっているものの抽出、そしてそれらの総体としての場所の力の描写、そんなことをやってほしい。
まずはこの町の戦前からの歴史をきちんと調べることですね。

最近出た、村松伸『シブヤ遺産』(バジリコ)とか、青井哲人『彰化1906年 市区改正が都市を動かす』(アセテート)、棚岡里美/神戸芸工大大学院修士論文「パブリックヒストリーからみる場所の力についての研究ー神戸市兵庫区西出町・東出町・中央区東川崎町における活動をとおしてー」(大学の図書館にあり)なども参考に。
[PR]
by hanadalab-soturon | 2010-06-17 22:35 | 2010年度卒論ゼミ
<< 経験についてのあれこれ(山神) フィールドワークから・・(山神) >>